mathon

マットンのお風呂の浴槽を作って下さった岐阜の会社の社長さんと一緒にマットンへ行く。着いた日は晴れていたが、夜から雪。社長さんも、ここで自社のお風呂に再会し、喜んでいました。お風呂のことだけでなく、建築、音楽、世界情勢等、色々話は尽きませんでした。

翌日、バスを待っていたら、クロード(本名トム)登場。脇目も振らずに、道路をずっと舐めてる。なぜだろうと思ったら、除雪の為に、塩を撒いていたからだ。塩味の道路、そんなに美味しいのかな。喉が乾きそうだけども。

Bonne année!

明けましておめでとう。1月ももう半ば。年末年始の休みを取らず、去年から続けていたジュネーブのコンペを無事提出。模型屋さんにも模型を頼んで、午後は休みにする。

天気も良いので、JJと散歩。家の近くの美術館で「インドの布」展を見に行った。この美術館、オープンしたのは5年位前なのに、中に入るのが初めて。展覧会最終日に近いからか、平日午後なのに、意外と混んでいた。

展覧会自体は、余り真新しいものはなかったけど、美術館(Christ&Gantenbein)はスイスらしいディテールが多くあり、色々参考になりました。

帰りも川沿いを歩いたらすぐ家に着いた。チューリッヒ、まだまだ知らない場所が沢山ある。今年はもう少し家から出て、活動的になろうかな。

2週間後の模型提出をもって、コンペが終わる。それまで気を緩めず、頑張っていきましょう。今年もどうぞ、よろしく。

Joyeux Noël!

朝一番の電車でジュネーブに住むJJの従姉妹ファミリーの家へ。お昼から一緒にブランチ。90歳近い大叔母さんを囲んで、食べて飲んで、おしゃべりして、とてもいい時間を過ごしました。色んな世代がいて、色んな背景を持った人たちだけども、みんな個性的で、話好きで、楽しかった。プレゼント交換はしないという約束だったけども、お土産を沢山もらって、行きよりも帰りの荷物の方が多くなった。2020年も家族や友人たちとの時間を大切にしていこう。

Guetzli

毎年恒例のクリスマスクッキーを友人たちと一緒に作る。午後開始して、夜には色々なクッキーがテーブルに並ぶ。家の中はクッキーの甘い匂いでいっぱい。JJは味見といいつつ、全部の種類を食べた。

Joyful Noise

今年最後のJJのコンサート。BielのLe Singeで3夜連続で行われた。Hans Koch とMartin Schüztが率いる総勢20名の音楽家が即興で演奏した。JJも知っている人ばかりなので、楽しそうだった。コンサートの始まりも遅く、ハンスの家に戻って、寝たのが4時近く。音楽家のタフさに驚かされる。3日間、お疲れ様でした!

Charlotte Perriand

Foundation Louis Vuittonで行われているシャーロットペリアンの回顧展を見に行く。ここは、持ち物のチェックですごい並んだ。どこもテロ防止のためにチェックが厳しくなっている。

チューリッヒでも以前行われてた展覧会だけども、家具だけでなく、彼女が設計した住宅や休暇村の図面もあって興味深かった。コルビュジエに対して、女性らしさというか、所々にさりげなく曲線が使われている。思わず触りたくなってしまうデザインのものが多かった。

このFoundation Louis Vuitttonは、ゲーリーの設計。ファサードは主張が激しく、中の動線はメチャクチャだし、なんだか落ち着かない建物でした。外の水場は唯一ホッとする場所だった。

paris

まりっぺがフランスのペルピニャンでSavateの決勝。惜しくも優勝を逃すが、準優勝でもすごい! 試合が終わってパリでしばらく練習するというので、1人で会いに行く。お昼にリヨン駅について、Bastilleのマーケットで早速、牡蠣を食べた。スイスでは滅多に牡蠣は食べられないので、パリに来たらやっぱり食べてしまう。

まりっぺと会うまで時間があったので、ひたすらセーヌ沿いを歩いて、レアールの本屋さんへ。クリスマス前の日曜日ということで、すごい混雑していたけど、気にせず、本を沢山買いました。スイスは本もフランスの倍ぐらいの値段。

夜、まりっぺに再会。顔の青あざが痛々しく見えたが、怪我はなく、安心しました。他のSavate選手たちも一緒にOdeon近くの中華レストランへ。食べたいものを沢山頼んでみんなでシェア。

Winter

ジュネーブのコンペの仕事のために、1人で山に籠る。
晴れの日、雨の日、雪の日、天気が毎日変わる。

カミュの「ペスト」を毎晩、お風呂に入りながら読んだ。書かれた当時はナチズムを暗に批判しているということだったが、今読んでみても、現代に通じるところがある。ナチズムの形が変わっただけで、「ペスト」なるものは、今尚、世界中に蔓延している。戦争を続けている人間の愚かさを、不条理な世の中を、スイスの山奥のお風呂の中で思い巡らしました。

191024

43歳になりました。午前中はお茶のお稽古、午後は仕事、夜はJJと一緒に家の近くのシリアレストランでお祝いをした。いつも、テラスでミントティーを飲むだけで、ここで食べるのは初めて。豆や穀物類が豊富で、とっても美味しかった。2人で食べきれない量のプレートで、大満足。

週末は天気が良かったので、JJと散歩。冬時間になって、日が短くなってきている。これからも健康に気をつけ、家族、友達と仲良く過ごしていこう。